いつも眠い?すぐ疲れる?→まずは、何をするときでも基本となる、「自分の体」を健康に、強くしよう!

誰でも着実に幸せになれる方法をやさしく解説しているこのシリーズ。今回は第4回目です。

 

あなたの体は、今、健康ですか?こんな経験はありませんか?

「いつも寝不足で眠くて、あくびばかりしている」
「体のだるさがとれない」
「油っこいものやお酒など、自分が好きなものばかり食べたり飲んだりしている」
「ちょっと階段をのぼっただけで疲れる」

まずは健康で元気でなければ、勉強も仕事もはかどらなくて、効率が悪いですよね。

このページを読めば、体を健康に保つシンプルで大事なルールをあらためて理解することができます。基本的なことだからこそ、意外と忘れがちなので要注意です。

 

 

 

前回の説明のページでは、幸せになるための条件のひとつに、

健康であること

があることがわかったね。健康って、どういう状態のことを言うんだろう?

とにかく元気ならいいんじゃないのかな?特に何もしなくても、僕は元気だよ!

君が元気でいられるワケを、もう少し具体的に考えてみよう。

 

 

健康には、大きく分けて、次の2つがあるんだ。

・からだの健康

・こころの健康

この2つが満たされていれば、最高に健康だといえるね。

 

からだの健康

まず、からだの健康について考えてみよう。どうしたら、からだが健康になるかな?

君のからだは、どうやって作られているか知っているかな?

そう、毎日食べるごはんや、飲むものを、からだの中に取り入れることで、
君の胃や腸が「栄養」を吸収して、君のからだを作ってくれるんだ。

 

栄養

たとえば、お肉を食べれば筋肉がつくられるんだ。
牛乳を飲んで、カルシウムをとれば、骨が作られるんだ。
野菜を食べて、ビタミンをとれば、からだの調子を整えてくれるんだ。

健康なからだを作るには、どうすればいいか、もうわかったよね。
いろいろな栄養を含んだ食べ物を、毎日しっかり食べればいいんだ。

お母さんが、「好き嫌いしちゃいけません!」って、よく言うでしょ?
たとえば、牛乳が嫌いで、ぜんぜん飲まなかったら、どうなると思う?

そうだね。牛乳を飲まないと、カルシウムが取れないから、骨が作れなくなっちゃうね。
そのままほうっておいたら、骨がスカスカになって、すぐに骨折しちゃう、弱いからだになっちゃうんだ。

ぼ、ぼくも牛乳飲んで、野菜もしっかり食べなきゃ。。。

お母さんは、君のからだを強くするためにはどんな食べ物が必要か、よーく知っているんだ。
お母さんは、君が健康なからだを作れるように、毎日いろいろな料理を作ってくれる。

お母さんは、君の健康なからだ、君の幸せのためを思って、「好き嫌いしちゃいけません!」って言ってくれるんだ。

君の幸せのためにも、お母さんの幸せのためにも、ごはんは残さずしっかり食べないといけないね。

 

エネルギー

食べ物や飲み物には、君のからだを作る「栄養」のほかに、君のからだを動かすための「エネルギー」も含まれているんだよ。

君が持っているスマートフォンは、充電された電気がなくなったら、動かなくなっちゃうよね。
人間もそれと同じで、エネルギーがなくなったら、動けなくなっちゃうんだ。

 

このエネルギーは、人のからだには、とってもたくさんためることができるんだ。
ためていくと、「脂肪」という、あぶらになって、君のおなかや足や腕のまわりにくっついて、ぶよぶよ大きくなっていくんだ。

つまり、食べ物をたくさん食べて、エネルギーをたくさん溜め込みすぎると、太ってしまうんだ。
太ってしまうと、しぼうが君の心臓や、内臓や、血管をグイグイ押し込んできて、ちょっと危ないんだ。
なにより、ぶよぶよしていたら、見た目がかっこわるいよね。

ぼくはふわふわでかわいいよね!ね!!

(。。。)

運動しよう

からだの中のエネルギー、つまり脂肪を減らすためにはどうすればいいかな?
かんたんだよね。からだを動かせば、エネルギーが使われて、なくなっていくよね。

つまり、走ったり、スポーツをしたり、好きな運動をすればいいんだ。

 

ところで、運動をすると、君のからだにある筋肉が動かされることになる。
筋肉というのは、不思議な性質をしていて、筋肉を使わないとどんどん小さくなっていくんだ。
逆に、筋肉をたくさん使うと、どんどん大きくなっていく。

大きな筋肉は、より多くのエネルギーを使ってくれるんだ。
それに、筋肉がつくと、からだがひきしまって、かっこいいんだ。

 

筋肉を大きくするには、運動をして筋肉をたくさん動かすこと。
そうすると、筋肉にちいさな傷がいっぱいできて、「疲れた~~」っていう気分になるんだよ。
たくさん運動した証拠だね。

筋肉を傷つけたら、お肉を食べて栄養補給。
そして、筋肉を休めるために、たっぷり寝るんだ。
そうすると、筋肉がどんどん回復して、なんと回復しすぎて、もともとの筋肉より強く大きくなっちゃうんだ!

たくさん運動して、たくさん食べて、たくさん寝る。
これを繰り返すと、どんどん強い筋肉ができて、エネルギーをたくさん使ってくれる。
だから、太りにくくてかっこいいからだになるんだよ。

ぼくも毎日かけっこして、たくさん食べて、たくさんお昼寝してるよ!

 

よく寝よう

寝ている間は、筋肉だけじゃなくて、君が食べたものから栄養を吸収して、君の血や、髪や、肌や、骨や、内臓をつくる時間なんだ。

せっかく栄養をたっぷりとっても、寝ている時間が短かったり、夜更かしをして体が寝るリズムをくずしてしまうと、栄養がうまく吸収されなくて、からだが強くならないんだ。

それに、たっぷり睡眠をとらないと、頭や体の疲れがとれなくて、翌日の調子が悪くなっちゃうんだ。

調子が悪いと、ご飯を食べるのに時間がかかったり、勉強しても頭に入らなかったり、仕事も遅くなったり、運動しても力が出ないね。

そんな日の遅れを取り返そうとして、夜中まで頑張ろうとする人もいる。そうすると、ますます寝るのが遅くなって、また睡眠不足になっちゃう。

するとその翌日はどうなるだろう?さらに調子が悪くなって、いつもの力が出ない。また遅れちゃうね。

睡眠不足→調子が悪い→いろいろなことに時間がかかる→さらに睡眠不足→さらに調子が悪い→さらに時間がかかる。。。。。。

こんな、悪いことの繰り返しになってしまうね。調子が悪くならないように、睡眠を優先して、毎日たっぷり寝るようにするのが大事だよ。

 

お母さんが「早く寝なさい」っていうのも、これが理由なんだね。

 

まとめ&図解

からだの健康についてまとめると、こういうこと↓だね。

・からだを作るために、いろいろな食べ物をしっかり食べる!

・食べ物を食べると、エネルギーがたまるから、ふとらないように運動する!

・運動すると、筋肉が使われて、どんどん強くなる!

・筋肉を休めて栄養をしっかり吸収する&毎日の調子を良くするために、規則正しく寝る!

 

ずっとからだを健康に保つため、ずっと幸せを得るために、
大人になっても、おじいちゃんになっても、これらのことを続けることが大事なんだね。

おかあさんに毎日「ありがとう」を言わなきゃね!

 

次は、こころの健康について考えてみようね。

→⑤心を健康にするには?

 

このサイトをほかの人にも伝える!