なぜ勉強しなきゃいけないの?意味あるの?役に立つの?→君の「得意」をみつけて、将来の「経営」「投資」を成功させるため、そして幸せになるために

誰でも着実に幸せになれる方法をやさしく解説しているこのシリーズ。今回は第8回目です。

 

「勉強めんどくさい」「こんなこと、将来役に立つの?」そんな風に思いながら学校に通っていませんか?

私もそうでした。笑

でも今振り返ると、小学校や中学校で習うことは結構大事だったなあと思います。(高校以降は、もっと自分が好きなことだけを勉強すればよかったと後悔しています。)

このページでは、小中学校で学ぶことや、広い意味での「勉強」にどんな意味があるのかを理解することができます。勉強にやる気が出ないあなたも、きっと勉強の大切さに気づき、やる気が出てくることでしょう。

 

 

 

今までのまとめ

ここでいったん、今までの話を全部まとめて、スッキリさせてみよう。

 

君の人生は、君のためにある。君の幸せのためにある。

だから、君が幸せに感じることは何か、いつも探していよう。
この世界には、いろいろな幸せがいっぱいある。君にしか見つからない幸せがあるかもしれないよ。

 

幸せが見つかったら、今度は幸せを味わおう。
そのために必要なものは、「健康」「物」「自由な時間」の3つ。

 

「健康」なからだを作るためには、栄養、運動、睡眠が大事。
「健康」な心を作るには、悩みに対する正しい対処をすればいいんだ。

 

「物」を増やすためには、4つのステップ(コツ)があったよね。

①君が得意なことを極める

②高く売れるものを生み出す

③高く売ってお金を得る

④ほしいものを安く買う

 

自由な時間を増やすためには、
危険なことにチャレンジして、短時間で多くのお金を稼ぐことだ。
勉強をして、危険を減らすことも忘れずに。

 

チャレンジしたいけど、失敗して、お金がパアになっちゃうのが怖いって?
ふふふ。君はさっそく、こころの悩みを見つけたね!したくても、こわくてできないんだね。
そんなときはどんな風に考えるんだっけ?思い出してみよう。

失敗しても、死にはしないから大丈夫!

そうだったね。万が一、全部失敗したって、君は絶対に死ぬことはないんだ。
生きていれば、何度だってまた新しい作戦を考えることができるんだったよね!

 

まとめると、以上のような感じだね。

なんだかいっぱいあって大変だけど、ひとつずつゆっくりやっていけば大丈夫。。。かな?

あせらなくても大丈夫。
君は、小さな幸せから探し始めて、小さなチャレンジをして、失敗して、またチャレンジして、
そうやって少しずつ多くの幸せを目指していけばいいんだ。

なぜ勉強するの?

今回の本題に移ろう。

君は今、学校に通っているかもしれないね。
国語、算数、理科、社会、英語、情報、体育、家庭科、道徳、クラブ活動。
いろんなことを学んでいる。

君は、勉強が好き?それとも、嫌い?僕は、ちょっと嫌いだったかな。

ぼくは勉強、めちゃくちゃキライだよぉ。。。

君は、何のために勉強をするか、考えたことがあるかな?
今の君なら、きっとその答えが分かるはずだよ。

勉強すれば、「経営」や「投資」がうまくいくからかな。。。?

そうだね。つまり君は、将来幸せになるために、今勉強しているんだ。

 

国語を勉強すると、
いろいろな人と難しい話をしたり、たくさんの本が読めるようになる。
君が本を書けるようになって、多くの人の役に立てる。

 

算数を勉強すると、
計算をして、どれくらいのお金が必要で、どれくらいのお金がもらえそうか、
計画を立てることができる。

 

理科を勉強すると、
どうすればお米がよく育つか、どうすれば生き物をつかまえることができるか、
どうすれば機械を直すことができるか、学ぶことができる。

 

社会を勉強すると、
日本や外国にあるいろいろな地域の特徴がわかる。
昔の人がどうやって生きてきて、どんなルール(法律)を作ったのかを学ぶことができる。
人を殺してはいけません、とかね。

 

英語を勉強すると、
世界中の人と話したり、メールしたり、外国の本も読めるようになる。
君のお米を世界中にアピールできるようになる。

 

情報を勉強すると、
コンピューターの使い方が分かる。
ジジイにお願いするより、コンピューターにやってもらうほうが早くてお得だよ。
インターネットを使って世界中の情報を手に入れることもできる。

 

体育すると、
運動することによって、健康で強い体を作ることができる。
いろいろなスポーツを知って、達成する喜び、勝つ幸せを味わうこともできる。

 

家庭科を勉強すると、
どんな栄養が体を作るのか知ることができる。
おいしくて栄養たっぷりのご飯を作れるようになる。
服だって作れるようになる。

 

道徳を勉強すると、
正しい心を持つことができて、みんなから好かれるんだ。
悪いことをすると逮捕されて、君の自由な時間が何年も奪われちゃうけど、
正しい心があれば逮捕されない。

 

クラブ活動をすると、
みんなと一緒にひとつのことをがんばることで、
他の人とどうやって仲良くするかを学ぶことができる。
友達がたくさん作れるようになる。

 

 

 

そう。全ての勉強は、

君が将来いろいろなことにチャレンジする可能性を広げるために、そのチャレンジが成功するように、成功して幸せになるために、

あるんだ。

こう考えたら、勉強って、とても大事なことなんだと思わない?

勉強は、テストでいい点を取ったり、いい高校や、いい大学に進学するためじゃないんだ!もっと大切な、僕の未来の可能性のためなんだね!

確かに、勉強は楽しくないかもしれない。
でも、田んぼの話の中で、こんな言葉があったよね。
「今を我慢すれば、将来もっと幸せなことが待っている」

君の得意を見つけよう

君がどんな科目が得意なのかが分かれば、将来どんな仕事が君に合っているかを予想することもできるよ。

次の、仕事のページ でも説明するけど、世の中にはいろいろな仕事がある。

もし君が音楽が得意なら、仕事はミュージシャンがいいかもしれない。理科が得意なら、仕事は研究家がいいかもしれない。社会が得意なら、仕事は政治家がいいかもしれない。

いろいろな勉強をすることが、君の将来の計画を立てるのにも役に立つんだ。

 

勉強も幸せの一部

それに君なら、勉強をする中に、幸せを探し出すこともできるんだよ。

たとえば、

情報の勉強をして、ゲームを作れるようになった!他の人には出来ない、すごいことだね!

算数のテストで100点を取った!みんなが君のことをほめてくれるね!とっても気分がいいよ!

体育でサッカーをして、ゴールを決めた!勝ってうれしいね!それに、君はモテモテになるよ!

 

ほらね。勉強の中にだって、幸せはいっぱい隠れてる。

ほんとだ!!

それに、外国の貧しい国では、学校に通えない子供たちがいっぱいいる。学校に通えないと、自分の得意なことも見つからないし、自分の可能性も広げることができない。そんな子供たちは、ただ落ちているものを拾ったり、他の人に「おかねをくれ!」って頼んだりして、毎日ギリギリの生活をしながら生きていくしかないんだ。

学校に通って、勉強できる。こんなに贅沢で幸せなことはないんだ。

遊んじゃいけないの?

勉強以外の遊びがダメだって言っているわけじゃないんだ。
テレビや漫画やゲームを見て、君は幸せを味わうことができる。

でも、気をつけなきゃいけないことは、
「それは将来の幸せを増やすことにつながっているか?」
という問いかけなんだ。

テレビは楽しい。見ていると幸せだ。
でも、テレビを見たら、
英語が話せるようになるかな?
計算ができるようになるかな?
健康な体を作れるかな?

そう、なかなか、将来の幸せを増やすことにつながらないんだ。

このような、テレビ、漫画、ゲーム、Youtube、その他いろいろな楽しいことを、
僕は「その場だけの幸せ」と呼んでいるよ。

 

君が今していることは、
「その場だけの幸せ」なのか、
それとも、
「将来の幸せにつながること」なのか。
それをいつでも考えてほしいんだ。

ぼく、ゲームだいすき。。。

 

小さな心の悩みを忘れるために、たまにはゲームなどの「その場だけの幸せ」を味わってもいい。
だけど、僕は君に幸せになって欲しいし、君も幸せになりたいと思うんだ。
だから、将来のたくさんの幸せにつながることを、自分から進んでやってほしいんだ。

 

だから僕は君に、お風呂掃除や、おつかいや、ゴミ出しみたいな雑用を頼んだりしない。
そんなことをする時間があるなら、君の将来の幸せにつながることをしてほしいんだ。

↑君が今している勉強や遊び(下のほう)が、将来の幸せ(上のほう)につながっていくんだ。

僕と一緒にがんばろう!

さあ、君の人生は、あとたった80年しかないぞ!
残りの80年で、君がどれだけたくさんの幸せをゲットするか、僕はとっても楽しみにしているよ。
君が幸せになると、僕も幸せになるんだ。

もちろん、僕も負けてはいられない。僕の人生は残り60年。
これからも、幸せをゲットするために、チャレンジを続けていくよ。

お互い、助け合って、協力して、一緒にがんばろう。
困ったことがあれば、いつだって相談に乗るよ。
僕も君からいろいろなことを教わりたいな。

 

今日から君と僕はパートナーだ。どうぞ、よろしく!

ぼくも負けないよ!!

 

次のお話はこちら

→⑨得意なことを極めよう

 

このサイトをほかの人にも伝える!