時間を増やすには?

前回までのお話で、

君が幸せになるために必要な、
「健康」と「物」の増やし方について、基本的な考え方をわかってくれたと思う。

今回考えるのは、「自由な時間」の増やし方についてだよ。

時間を増やすって、どういうことだろう。。。?どんなにがんばっても、一日は24時間しかないぞ。。。?

 

限られた寿命のなかで、より多くの幸せを

人間は、どれだけ健康を増やしても、だいたい90年くらいしか生きることができないんだ。
その90年全部を、「健康を増やすこと」「物を増やすこと」だけに使ってしまったら、
「幸せを感じる時間」が無くなってしまうね。

「健康を増やすこと」、「物を増やすこと」、
このこと自体に幸せを感じるなら、それはとってもラッキーなことだね。

 

でも、幸せにはいろいろな種類があるんだったよね。
「どこかに旅行に行きたい!」
「好きな人と遊びたい!」
「かっこいい車がほしい!」
「好きな音楽をききたい!」
というような、ほかの幸せを感じることも大事だよね。

こーゆーほかの幸せを感じるためには、
「健康を増やす」「物を増やす」のための時間だけじゃなく、
ほかの幸せを感じるための「自由な時間」が必要だよね。

かけっこや、お仕事ばっかりしていても、つまらないかも!

 

「自由な時間」を増やすためには、どうしたらいいかな?
さっきも言ったけど、人間は90年くらいしか生きられない。
この寿命をのばすことは、今の人間の力ではできないんだ。

そう、答えはシンプルだね。
「より短い時間で、より多くの健康を増やす」
「より短い時間で、より多くの物を増やす」
こういうことなんだ。

 

短時間で健康になろう

たとえば、より短い時間で、より多くの健康を増やすには、何をがんばればいいかな?

ご飯を食べるときは、すばやく栄養が吸収されるように、よく噛んで食べる。
そして、すばやく噛んで、ご飯を早く食べる。

運動も、慣れてきたら、少しずつ激しい運動に切り替えていって、短時間で多くのエネルギーを使うようにする。

こころの悩みをやっつけるときも、作戦を考える時間は少なめにして、思いついたものからどんどんやってみる。

 

こーゆーふうに、より短い時間で多くの成果を出せるように、いつも工夫して行動することが、君の幸せを増やすことにつながっていくんだ。

いつでも「効率」を考えるってことか。。

 

短時間で物を増やそう

今回は特に、「より短い時間で、より多くの物を増やす」について詳しく説明するよ。

 

前回の「物の増やし方」のポイントをおさらいしつつ、具体的に考えてみよう。

 

君はお米を作るのがとても得意だとする。
そして、そのお米は君にしか作ることができない「ゴールド米」という珍しいお米だ。
やったね!ゴールド米を作ることに集中すれば、きっと君は物をたくさん増やせるね。

 

じゃあ、「効率よく」より短い時間でより多くのゴールド米を作るにはどうすればいいか考えよう。

今君は、たたみ1枚分の田んぼを持っている。
そこで君が1年、田んぼをたがやしたり、田植えをしたりすると、
1粒のゴールド米がとれて、それが1万円で売れるとしよう。
君の1年という時間が、1万円に変わったね。

 

君が1年間でゲットした1万円で、何を買おうかな?ハワイに行って、遊ぶのもいいね。

えへへ~。ハワイいきたいなぁ~

 

作戦を考えよう

でもちょっと待って。
もしその1万円で、新しくたたみ1枚分の田んぼを買ったらどうなると思う?

そうだね。田んぼはたたみ2枚分になったから、1年間で2粒のゴールド米が取れそうだね!
つまり2万円だ。
さっきは1年間で1万円だったけど、次の年は1年間で2万円になったよ!

 

もっと短い時間で、もっとたくさんのゴールド米を作るにはどうしたらいいと思う?
いろいろな方法があるよね。

・田んぼの広さをもっと増やす。

・田んぼに栄養たっぷりのひりょうをまいて、ゴールド米がたくさん育つようにする。

・誰かに田植えを手伝ってもらう。

・田んぼをすばやくたがやすことができる機械を買う。

などなど。

 

「より短い時間でより多くの物」というのは、こーゆーふうに作戦を考えることなんだ。

なるほど!!

 

もう少し続けよう。
君は1万円でたんぼをたたみ1枚分広くした。また1年間がんばった。
するとゴールド米が2粒とれた!2万円だ。

この2万円で、ハワイに2回いく?そうじゃないよね。
今度はたたみ2枚分買ってみよう。合計で、田んぼはたたみ4枚分になったよ。

次の1年間で、たたみ4枚分の田んぼから、4粒のゴールド米ができた。4万円だ!


こうやって、田んぼを広げ続けていくと、どうなるかな?法則が見えてきたね。

1万円だったのが2万円に、
2万円だったのが4万円に、
4万円だったのが8万円に、
8万円だったのが16万円に、、、

どんどん増えてるね!
4年間で、16万円ゲットしたね!
ハワイに16回いけるお金だ!

じゃあ、もし毎年1万円でハワイに行っていたら、どうなっていたかな?

1万円だったのが1万円。
次の年も1万円。
次の年も1万円。
次の年も1万円。。。
4年間で、4回ハワイに行けたね。つまり、4万円分の価値をゲットしたことになる。

どっちのほうが、幸せが大きくなったかな?

ハワイ4回より、ハワイ16回のほうがいいよ!

 

そのとおり。
目先のハワイをがまんして、物を増やす作戦のためにお金を使うと、
最終的にはもっとたくさんハワイにいけるんだ。

 

本当に我慢できるか

ちょっと我慢するだけで幸せが増えるなんて、とっても簡単じゃないか!

君はそう思ったかもしれない。
でも、君は本当に、目先のハワイを我慢できるかな?
もしかしたら、めちゃくちゃかっこいい自転車が欲しくなるかもしれないよ?
もしかしたら、とっても楽しいゲーム機が欲しくなるかもしれない。

 

欲しいものを我慢して、田んぼを買うことは、とっても大変な決断なんだ。
大人にとっても、なかなか難しいことなんだ。

でも、君ならできる。
だって君は、今我慢したら、後でものすごい幸せが待っていることを知っているから。
今我慢すれば、ハワイも、自転車も、ゲームも、まとめてぜーんぶ買えるし、それでもお金が余っちゃうんだ。

 

すぐに欲しいものを買う人を見て、君はうらやましいと思うかな?それとも、もったいないなぁって思うかな?

大丈夫!ぼくは未来の幸せのために、今は我慢する!

よし、その調子だよ!じゃあ、さっきの話の続きを考えてみよう。

 

作戦を組み合わせよう

君は毎年、新しい田んぼを増やしていった。
今では、たたみ16枚分の田んぼがあるから、1年間に16万円もらえるようになったよ。
このままずっと、田んぼを増やし続けていけば、大丈夫かな?

大丈夫、大丈夫!とにかく田んぼをたくさん買おうよ!

ちょっと待って。
あまりにも田んぼが大きくなりすぎたら、君一人だと田んぼをたがやすことができなくなっちゃうよ。
だから、別の作戦を考えよう。

広い田んぼをすばやくたがやす機械「田んぼマシーン」が売っているよ!
10万円だって。とっても高いね。今、16万円持ってるけど、どうする?

君は思い切って、田んぼマシーンを買ってみた!
残りの6万円は、たたみ6枚分の田んぼを買ったよ。

するとどうだろう?
次の年、君は合計たたみ22枚分の田んぼを、田んぼマシーンでラクラクたがやすことができた!
22万円ゲットできたよ。前回の16万円より、アップしたね!

もし、前回の16万円を全部田んぼを買うことに使っていたら、どうなっていたかな?
もともとのたたみ16枚分の田んぼに、あたらしくたたみ16枚分追加して、32枚分の田んぼだ!
これを機械なしでたった一人でたがやすことはできただろうか。。?
もしかすると、18枚分の田んぼが限界で、18万円しかもらえなかったかもしれないよね。
せっかく買った新しい田んぼは、無駄になってしまったかもしれないんだ。
それに、とっても疲れちゃうよね。

そっか。。田んぼばっかりあっても、うまくいかないね。。

このように、ずっと田んぼを買うだけじゃなくて、あたらしく機械を買ったりして、
「いろいろな作戦を組み合わせる」ことがとっても大事なんだ。

 

新しい作戦を考えよう

もう少し、話を続けよう。
君は今、たたみ22枚分の田んぼと、田んぼマシーン1台と、22万円を持っている。
さあ、どうすればもっとゴールド米をふやせるかな?

もう1台、田んぼマシーン(10万円)を買って、
残りの12万円で田んぼを買ってみたら、どうなるかな?

田んぼはたたみ22枚分から34枚分になるね。
そして田んぼマシーンは合計2台だ。だから、34万円もらえそうかな?

うん!もう1台田んぼマシーンを買っちゃおう!

でもちょっと待って。
田んぼマシーン1台は自分で操縦できるけど、もう1台の田んぼマシーンは誰が操縦する?
別の人にお願いしなきゃいけないね。誰かに頼んでみようか?

探してみたら、「1年で10万円くれるなら、操縦してやってもいいぜ」というジジイがいたよ。
でも、もうお金は残っていないね。しょうがないからあきらめよう。

タダで操縦しろよクソジジイめ。。。(笑)

その年は、田んぼマシーン2台あったけど、1台だけ操縦したよ。
田んぼはたたみ34枚分あったけど、田んぼマシーンにも限界があるから、
たたみ25枚分しかたがやせなくて、結局25万円しかもらえなかったんだ。
前回は22万円だったから、あんまり増えなかったね。

このように、今までやっていた作戦だけではうまくいかなくなることがいっぱいあるんだ。
だから、「常に新しい作戦を考え続ける」ということがとっても大事なんだね。

 

 

少し話を戻そう。
君は今、たたみ22枚分の田んぼと、田んぼマシーン1台と、22万円を持っている。
もう一台田んぼマシーンを買う作戦は、うまくいかなさそうだ。何か別の作戦はないかな?

なんと、とれるお米の量が2倍になる、「コメコメひりょう」が売っているぞ!
1年間限定だけど、どんな広さの田んぼにも効くらしい。でも、15万円もするぞ。
どうしようか。。?

今までどおりじゃうまくいかないから、あたらしいことにチャレンジだ!

よし、思い切って買ってみよう!
あまった7万円では、新しい田んぼを買おう。

君の田んぼ今は、たたみ29枚分。田んぼマシーンは1台。そしてコメコメひりょう1年分。
これらをつかって、ゴールド米を作ると、どうなる?
田んぼマシーンで、たたみ25枚分の田んぼをたがやした!
コメコメひりょうを使ったから、いつもより2倍のゴールド米が取れたよ!
やった!50粒もゴールド米が取れた!50万円ゲット!大成功だね!

 

他の人と協力しよう

今では君は、たたみ29枚分の田んぼと、田んぼマシーン1台を持っている。
コメコメひりょうは使っちゃったから、もう無いよ。
そして50万円持っている。さあ、次の年はどうしようか!?

今度こそ、もう1台田んぼマシーンを買ってみるのはどうかな?

そうだね。そして、このあいだのジジイにお願いして2台目の田んぼマシーンを操縦してもらおう。
コメコメひりょうも買いたいな。あまったお金で田んぼを買おう。
・田んぼマシーン10万円
・ジジイへのお礼10万円
・コメコメひりょう15万円
・新しい田んぼ15万円=たたみ15枚
合計50万円

おらっ働けジジイ!!(笑)

さて、結果はどうなる?
君は今、たたみ44枚分の田んぼを持っている。
1台の田んぼマシーンは自分で操縦して、もう1台の田んぼマシーンはジジイに操縦してもらって、
44枚分すべての田んぼをたがやしたよ!(田んぼマシーン1台で25枚分たがやせるからね。)
そして、コメコメひりょうのおかげで、とれるお米は2倍。
なんと今回は88粒のゴールド米、88万円もゲットできたよ!すごいなあ!

自分ひとりだけじゃなくて、ジジイと一緒にがんばることで、1年でより多くのお金をゲットできるんだね。

 

作戦を大きくしよう

君は今、たたみ44枚分の田んぼと田んぼマシーン2台、そして88万円を持っている。
コメコメひりょうはまた買わないとね。ジジイにもまたお礼をしなきゃ。
さあ、今度はどうしよう?

う~ん。。。う~ん。。。

ここで君はよーく考えてみる。
・田んぼたたみ25枚分(25万円)
・田んぼマシーン1台(10万円)
・ジジイへのお礼(10万円)
この3つは1つのセットにできるね。これを田んぼセットと名づけよう。

田んぼセットは合計45万円かかる。
コメコメひりょうを使えば、たたみ25枚分の田んぼから50粒のゴールド米がとれるから50万円もらえそうだ。

田んぼセット45万円を買えば、50万円もらえるぞ。
だったら、たくさん田んぼセットを買えばいいじゃないか!

つまり、田んぼセット=5万円もうかるセット だね!

今君は88万円持っている。
コメコメひりょう(15万円)は絶対買わなきゃいけない。
ジジイ一人へのお礼(10万円)もいるね。
残りは63万円だ。
田んぼセット(45万円)は1個しか買えないな。
もっとお金があったら、たくさん田んぼセットを買って、たくさんゴールド米がとれるんだけど。。

あっ!そうだ!

他の人からお金を借りよう

君はすごいことを思いついた!ほかの人たちから、お金を借りればいいんだ!
「僕に45万円貸してくれたら、1年後に46万円返すよ!」
みんなにこんな風に言って回った。
お金が余っている人には、いいニュースだ!お金が増えて戻ってきたら、うれしいからね。
そうやって、君は20人から45万円を借りることができたぞ!
やった!これで田んぼセットが20個買えるね!

 

いったん整理しよう。今君が持っているものは、次のとおりだ。
・たたみ44枚分の田んぼ
・田んぼマシーン2台
・コメコメひりょう
・自分のお金73万円
・他人のお金20人×45万円

よし、今年の作戦を実行しよう!
まず、ジジイ2人にお願いして、田んぼマシーン2台をつかって、たたみ44枚分の田んぼをたがやしてもらう。
ジジイひとりにつき10万円のお礼をするから、20万円つかったぞ。
(自分のお金73万円→53万円)

次は、他人のお金で、田んぼセット(45万円)を20個買って、田んぼをたがやさせたぞ!

コメコメひりょうの効果で、とれるゴールド米は2倍だ。
その結果、まずたたみ44枚分の田んぼから88粒のゴールド米がとれた!88万円だ。

田んぼセットは、1個で50粒のゴールド米がとれるから、それが20個で、1000万円だ。

合計すると、利益は、88万円+1000万円で、1088万円だ!
自分のお金53万円を足すと、1141万円!すごい!前回は88万円だったのに!

わーい!!ぼく、スーパーおかねもちだよ!!

でも、ちょっと待って。君はほかの人のお金を返さなきゃいけないね。
ひとりにつき46万円返すって約束していたから、20人×46万円で、920万円返さなきゃいけないぞ。

1141万円から920万円を引くと、221万円が手元に残ったよ。

ちゃんとお金を返せてよかったね。ほかの人からお金を借りるときは、本当に返せるか、注意しなきゃいけないんだ。

 

作戦がうまくいかないこともある

君が考えた作戦は、いつもうまくいくとは限らない。

仮に今回は、すごい台風が来て、お米がぜんぜん取れなくて、
1088万円分とれていたはずのお米が188万円分しか取れなかったとしよう。

もともと持っていた53万円とあわせて、君の手元には241万円しか残っていない。
920万円の借金を返すなんて無理だ。。

そ、そんな。。。まさか台風が来るなんて。。。

君は、お金を貸してくれた人たちに、こう説明したよ。
「本当にごめんなさい。今はお金が無くて、返せません。
でも、もう1年待ってくれたら、46万円じゃなくて、47万円返します。
なので、あと1年待ってください。」
みんな、なんとかOKしてくれたみたい。よかったね。

 

あきらめないで続ける

さあ、今君が持っているものを整理しよう。コメコメひりょうはもう買ったよ。

・たたみ44枚分の田んぼ
・田んぼマシーン2台
・コメコメひりょう
・お金241万円-ひりょう15万円→226万円
・田んぼセット20個
(1個につき1人ジジイが必要)
・借金20人×47万円=940万円

この1年、どうなる?今年の作戦を実行しよう!
まず、田んぼセット20個を全部うごかすために、20人のジジイにお願いしたよ。
1人10万円だから、200万円かかった。(お金226万円→26万円)

次に、もともと持っている、たたみ44枚分の田んぼと、田んぼマシーン2台を動かすために、
2人のジジイにお願いした。(26万円→6万円)

コメコメひりょうのおかげで、今年もゴールド米がとれる量は2倍だ。だから、
1個の田んぼセットからは、50粒のゴールド米が取れる。
田んぼセットは20個あるから、20×50粒で、1000粒=1000万円ゲットできたよ!
もともと持っている、たたみ44枚分の田んぼからは、88万円分ゲットできた。
手持ちの6万円を合計すると、1094万円だ!

そしたらまず、お金を貸してくれたみんなに、お金を返そう!1人47万円、合計940万円返したよ!

残りは154万円だ!よかった!借金も返せたし、田んぼセットがたくさん増えた!

借金を返しても、じゅうぶんなおかねと、たくさんの田んぼが残ったね。

 

今度は借金せずに続ける

整理すると、今もっているのは、

・田んぼ、たたみ44枚分
・田んぼマシーン2台
・田んぼセット20個
・154万円

もう借金は怖いからやめておこう。次の年は、コメコメひりょうを買って、残りの139万円は全部ジジイへのお礼にあてたよ。

ジジイは13人働いてくれた。
13個の田んぼセットが活用された。
1つの田んぼセットから、50粒のゴールド米。13個×50粒=650万円ゲット!

さらに次の年。君は次のものを持っている。

・田んぼ、たたみ44枚分
・田んぼマシーン2台
・田んぼセット20個
・650万円

まずはコメコメひりょう(15万円)を買う。
田んぼセット20個を動かすためのジジイ20人のお礼をあげた。(20人×10万円=200万円)
もともともっているたたみ44枚分の田んぼをたがやすために
もう2人のジジイに頼んで、2台の田んぼマシーンを動かしてもらった。(20万円)

650万円から、15万、200万、20万を引いて、
あまった415万円で、田んぼセット(45万円)を9個買った。
(45万円×9個=405万円)残り10万円。

さあ、今回はいくら稼げたかな?

まず、もともと持っていた、たたみ44枚分の田んぼから、88粒のゴールド米で88万円。

田んぼセット29個で、1個から50粒のゴールド米だから、1450万円。

合計すると、1533万円だ!!!!
しかも、今回は借金していないから、全部自分のものだよ!!

すごい!!めちゃくちゃおかねもちになれたね!!

 

労働から経営へ

こうして君は、一番最初は1年に1万円しかゲットできなかったけど、
欲しいものを我慢して、いろいろな作戦を組み合わせることで、
1年で1533万円もゲットできるようになった。

借金が返せなかったときは、ちょっとあせったけど、
借金をして20個も田んぼセットを買ったから、今では田んぼセットがたくさんのお金を生み出してくれるね。
このように、借金は、君のお金を一気に増やす可能性があるんだ。
もちろん、ちゃんと返せるように、よーく計画を立てなきゃいけないけどね。

 

 

ここでひとつ、大事なことに気づいて欲しいんだ。
最初、君は田んぼをたがやしていたけど、今では田んぼをたがやしているのは、田んぼマシーンとジジイだってこと。
君は、田んぼをたがやすのをジジイたちにまかせて、何をいくつ買うか、何人に操縦をお願いするか、いくら借金をするか、
それらの作戦を考えて、実行しただけなんだ。

おらっ働けジジイ!!(笑)

 

難しい言葉を使うと、田んぼを耕すことは「労働」、作戦を考えることは「経営」って言うんだ。

お話の中で、君にお金を貸してくれた人がいたよね。
彼らは、君にお金を貸す代わりに、あとからもっと大きなお金を返してほしかったんだよね。
こうやって、何かを「経営」している人に対してお金を貸して、
見返りにもっと大きなお金を得ることを、「投資」って言うんだ。

 

「労働」をする人
「経営」をする人
「投資」をする人

この3つの中で、
「より短い時間でより多くの物を生み出す」ことができるのは、どれだと思う?

う~ん。。。やっぱり、さっきやったみたいな「経営」なんじゃない?

いや、実は3つとも、その可能性を持っているんだ。

 

「労働」をするジジイだって、田んぼマシーン操縦のプロになれば、
ものすごい速さで操縦をして、2倍の広さの田んぼをたがやせるようになるかもしれないよね。
そうしたら、お礼も2倍にしなくちゃね。

「経営」については、さっき君がやったとおりだね。

「投資」については、君に45万円預けた人は、2年後に47万円返ってきたから、
2年間で2万円ぽっちしかもらえなかったと思うかもしれないね。
でも、よく考えてみて。その人たちは、君に45万円を預けただけで、ほかには何もしていないんだ。
「労働」したり「経営」したりせず、なーんにもせずに2万円なんだ。
つまり、君にお金を渡す1分と、お金を返してもらう1分、
たった2分だけ、ちょっとおつかいするだけで、2万円をもらったことになるんだよ。

 

ここからはあくまでも僕一人の考えだけど、「より短い時間で、より多くの物を得る」ことができるランキングは、
1位「投資」
2位「経営」
3位「労働」
なんじゃないかと思うんだ。

 

もちろん、今までのお話は、何もかもがうまくいきすぎていたから、注意してね。

もしかしたら、こんな事件が起きていたかもしれないよ。

・とんでもない大雪が来て、田んぼがダメになっちゃった

・ジジイたちが調子に乗って、1年で20万円も要求してきた

・田んぼマシーンが壊れちゃった

・コメコメひりょうが、販売中止になっちゃった

・ゴールド米よりも人気なプラチナ米を作った人があらわれた!ゴールド米は、1粒5000円じゃなきゃ売れなくなっちゃった

・ゴールド米を食べたことが原因で、人が死んじゃった!ゴールド米を作った君は、責任を取るために、何億円ものお金を払うことになっちゃった

こうなると、「経営」はダメになっちゃう。
すると、「経営」に「投資」をしていた人は、お金を返してもらえなくなっちゃうね。
預けた45万円が、ゼロになっちゃうんだ!!

だから、これもあくまでも僕一人の考えだけど、「お金がパアになっちゃうかもしれない危険」ランキングは、
1位「投資」
2位「経営」
3位「労働」
なんじゃないかと思うんだ。

なるほどねえ。。。

 

もちろん、「経営」をするときは、お金がパアにならないように、
いっぱい勉強したり、情報を集めたり、細かい計画を立てたりすることで、危険を減らすことができるよ。

そして、それは「投資」にも同じことが言えるね。

 

 

これらのことをシンプルなひとつの言葉にすると、次のようになるね。

・危険なことをすればするほど、より短時間で大きなお金を得ることができる。

・勉強すればするほど、危険を減らすことができる。

もちろん、勉強するのにも時間がかかるから、
「どれだけの時間、勉強するか」と「どれだけの時間、経営(もしくは投資)に使うか」のバランスが大事だね。

経営や投資をすること自体が、まさにそのまま勉強になるということもあるよ。

 

 

もちろん、危険なことはせず、勉強もせず、ジジイのように、
言われたことにしたがって仕事をして、お金をもらうという方法もある。

君だって最初は、田んぼをたがやしていた。ジジイと同じだったんだ。

 

 

ずっとジジイでいるか、
それとも、危険なことをしたり、勉強をして、「経営」をするか。
そして、お金がたまったら、そのお金で「投資」をするか。

 

どうすれば、自由な時間が増えて、幸せになれるかは、もう分かってくれたと思う。

あとは、きみがやるかやらないかだ!

そう。なんていったって、失敗しても君が死ぬことはないんだからね。

生きてさえいれば、何度だって作戦を考えることができる。このことを忘れないで。

よし!ぼくも少しずつ「経営」と「投資」をはじめてみるぞ!

「経営」も「投資」も、学校の勉強にも関係してくるよ。

次のお話を見てみよう!

→⑧なぜ勉強をするの?

 

このサイトをほかの人にも伝える!