SNSでモテる・異性に魅力を伝える方法 Twitter、Instagram、Facebookなどで、どんな発信をすればいいの?始める前の準備から上級者向けテクニックまで解説!SNSを賢く恋愛に活用しよう!

最短ルートで恋愛力を高める正しい方法を具体的に解説しているこのシリーズ。今回は第14回目です。

 

前回の「LINE・メールで魅力を伝える」に引き続き、今回も恋愛テクニック編です。

今回は、男女共通で使える、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)を利用した恋愛テクニックを解説します。

このページを読めば、気になる人にあなたの魅力をアピールする手段としてのSNSの使い方がわかります。SNSならではの特徴を理解し、SNSという武器を有効活用できるようになりましょう。また、実際にどんな投稿や発信をすれば効果的なのかもわかります。

以前説明した、<恋愛テクニック>に関する説明も含まれてきますので、まだご覧になっていない場合はを先に読んでおくと理解が深まります。

ただし、今回の説明もあくまでも小手先のテクニックなので、自分自身の魅力を高めることを忘れないでくださいね!

ふだん何気なく使っているSNSだけど、恋愛においても役に立つの?

各種SNSは恋愛において強力な武器です。今の時代、活用できていないとかなりのハンデになります。

それでは、はじめましょう!

 

 

 

1対多数

今回は、LINEやメールのように1対1のコミュニケーションではなく、
1対多数のオンラインコミュニケーション=SNSの戦略について説明します。

LINEのタイムラインや、
Twitterのツイートのようなコミュニケーションがこれに該当します。

1対多数の「多数」の中に、
自分が狙いたいと思っている相手がいることが前提です。
まずはLINEの友達登録や、Twitterの相互フォローから始めましょう。

ぼ、ぼくのTwitterもみんなにフォローしてほしいな!!<こちら>だよ!!(露骨な宣伝。笑)

「1対多数のコミュニケーションをあまりしない(SNSを活用しない)」
というのは、今の時代、それだけでかなり遅れをとっているといえます。
うまく使えばあなたの魅力を演出する非常に強力な手段になります。

まずは始めやすいLINEのタイムラインから始めましょう。

1対多数のコミュニケーションの特徴

相手にストレスがかからない

1対1のやり取りと違って、タイムラインは返信する必要性は一切なく、
気が向いたときに見るという程度のものです。
したがって相手にかかるストレスはほとんどありません。

ですので、1対1のコミュニケーションに加えて、
1対多数のコミュニケーションを増やすことは、相手にとって負担になりません。
単純に接触する回数が増やすことができるため、
より新密度を高めることができます(単純接触効果)

 

必死さが無い

そして、SNSへの投稿は相手だけに送られたものではなく、
広く全体的に発信されているものなので、
「相手に対して必死になっている」という印象は持たれません。

あまり必死さが感じられないため、
1対1のときは厳禁だった「自己アピール」も
さりげなく混ぜていくことが可能になります。

ただ、単純な自己アピールは当然うざがられます。
不快に思われたら、あなたのタイムラインは一瞬で非表示にされてしまいます。
友達や芸能人のタイムラインに、どうでもいいあなたの自慢話があるのは、
ただただ邪魔な存在というだけです。

やばい。。。遊びに行った楽しそうな写真をアップしているだけじゃダメだ。。。

ですので、1対多数のコミュニケーションの場においても、常に
・役に立つ情報を多くの人に広めたい!
・「面白い」「かわいい」といったプラスの感情を多くの人に提供したい!
といったスタンスでいなければなりません。

そういった情報を提供し続ければ、
あなたは「すごい人」という評価を獲得することになります。

 

自然とテクニックの効果を得ることができる

1対多数の情報発信をすれば、
狙っている相手以外からも「いいね!」や「コメント」といった反応があり、
そのことが狙っている相手にも知られます。すると相手は、次のように考えます。

「周囲の人があの人(つまりあなた)のことをすごい、おもしろい、と言っている」
→「だからあの人はとっても魅力的なんだ」
(テクニック「伝聞」)

「周囲の人が、あの人(つまりあなた)のことを狙っているのではないか?」
→「私も早くあの人を狙わなきゃ」
(テクニック「希少性」)

このように、相手に対して各種テクニックの効果を自然と発揮できるのです。

これらは、1対1のコミュニケーションにはない、SNSの最大の利点です。

 

1対多数のコミュニケーションの実践

準備を整える

まずは、1対多数のコミュニケーション(以降、SNSと呼びます)
を始める準備をしましょう。

個別チャットのところでも説明しましたが、オンラインでのコミュニケーションは
文字よりも絵や写真のほうがわかりやすいという点と、
妄想が膨らみやすいというメリットがあります。
ですので、

・ラインのアイコンや、ホーム画面の画像などはしっかり活用し、
あなたがかっこよく見える最高の1枚を使いましょう。

・コミュニケーション能力の高さをアピールしたいなら、
大勢の友達と写っている写真を使うのもありです。

・経済力や行動力の高さをアピールしたいなら、
有名な海外の名所や高級ホテルからの夜景等と、
自分を一緒に撮った写真を使うのもありです。

・自己紹介の欄がある場合、そこの文章も良く考えて活用しましょう。
当然、わかりにくい長文はだめです。
シンプルな一文や顔文字で良いでしょう。

あまりわかりやすい自己紹介でのアピールは、
逆にバカにされてしまうのでほどほどにしましょう。笑

例)慶應法学部/182cm/59kg/●中→●高/サッカー/ギター/投資/映画鑑賞/渋谷・六本木に出没/全ての人に感謝/インスタはこちら→●●●●

うるさいうるさい!(笑)←ちょっと当てはまってた

これらの自分の画像や自己紹介は、今後何度も何度も相手に見てもらうものです。
これが最も重要といっても過言ではありません。

相手にアピールしたい自分の理想像、それを表現する画像や文章を
よく考え、練り上げ、常に改善していきましょう。

 

頻度を考えて投稿する

自分の画像や紹介文の準備が整ったら、いよいよ投稿です。

まず、SNSへの投稿頻度を考えます。
利用するサービスにもよりますが、どれだけ多くても1日に1回程度が限度でしょう。
(後述するInstagramの「ストーリー」という機能は、多少連投しても良いでしょう。)

あまりに投稿頻度が高いと、単純に邪魔です。邪魔な投稿者は非表示にされやすくなります。

それだけでなく、
「この人はSNSへの投稿を頑張りすぎではないか?」
「他にすることがないのかな?」
「自分をチヤホヤしてほしい欲が強い人なのかな?」
といった印象をもたれてしまいます。笑

うるさいうるさい!(笑)←ちょっと当てはまってた

それに、投稿頻度が高いと、
どうしても1つ1つの投稿の内容、情報価値が薄まってしまいます。
どうでもよい情報と判断されたら最後、結末は「非表示」です。
本当に多くの人の役に立つ、楽しい感情を与えられる、
と確信できるものだけを厳選&推敲して投稿することが大切です。

 

質の高い投稿をする

次に、SNSへの投稿内容ですが、
これは「誰かに何らかの価値を提供するもの」なら何でもいいです。

・おいしい料理を作った!
→作り方を教える

・おいしい料理を食べた!
→お店を紹介する

・穴場へ旅行した!
→おすすめの観光場所を教える

・楽しい遊びをした!
→遊び方をガイドする

・友達が何か素敵な活動してる!
→宣伝するよ

よくある失敗は、
上記の前半部分だけで内容が終わってしまっている場合です。
「おいしい料理を食べた!」だけでは、ただの自慢話になってしまいます。
必ず、情報を受け取る相手にとって役に立つことを盛り込まなければなりません。

 

「投稿すること」が目的になっていないか?

また、最近目立つようになってきた失敗は、
「SNSへの投稿が目的となり、無理して行動してしまう」
というものです。キレイ・かわいい写真を撮ってSNSに投稿したいがために、
無理をして遠くのオシャレなカフェに出かける、などがこれにあたります。

このようなことを続けていては、負担が重なり、
SNSへ投稿する内容のハードルがどんどん高くなり、
最終的にはパッタリとSNSへの投稿意欲を失ってしまいます。

さらに、そのような「無理してる投稿」を見た相手から
「SNSに必死になりすぎのかわいそうな人」と思われてしまいます。笑

うるさいうるさい!(笑)←ちょっと当てはまってた

あくまでも投稿の内容は、
あなたの自然な生活の中で見つけたネタであることが大事なのです。
あなたの貴重な時間を、SNS投稿のために費やすことはありません。
もっと他に、あなた自身の魅力を高めるために、あなたが幸せを得るために、
やるべきことが山ほどあります。
あなたが全力で自分のために生きる中で、たまに見つけたものを他の人に共有する、
というスタンスをとりましょう。
他人のために全力でSNS投稿をがんばる人生は本末転倒です。笑

 

相手の趣味に合わせる

SNSは大多数に向けた情報発信ですが、
特に狙っている相手の好みのタイプや、趣味嗜好を考えて
情報発信することも重要な戦略です。

お金持ちが好きな相手を狙うときは、それが想像できるような写真を、

アニメが好きな相手を狙うときは、相手が好きそうなアニメ情報を、

といった具合です。

このような情報提供は1対1のコミュニケーションでもできるのですが、
1対1でそれをやってしまうと、どうしても
「自分が相手に気に入られようとして、相手を追いかける構図」
ができてしまいます。

恋愛では、
相手を追うのではなく、自分のことを追いかけさせるのが大事
というのは定説です。
1対多数の情報発信をすれば、
狙っている相手以外からも「いいね!」や「コメント」といった反応があり、
そのことが狙っている相手にも知られます。すると相手は、

「私を狙っているわけではない」

「他の人がたくさん「いいね」している」

「なんだか気になる」

と思うようになります。
こういった要素が重なると、
相手があなたのSNS投稿を追いかける、
相手からアプローチされる、
という構図になってきます。

 

 

上級者向けのSNSテクニック

さらに高等テクニックがあります。
・個別LINEの方ではほとんど相手に返信しないのに、
・SNSのほうでは活発に投稿する
というように、2つのコミュニケーション方法を組み合わせることで、
狙っている相手に対して、
「私との個別LINEは優先度が低いんだ。。」
「なんとか振り向いてもらえるようにがんばらなきゃ」
といった感情を抱かせ、さらに自分を追いかける方向へ相手を煽ることもできます。
このような不安な状況の中で、個別LINEの返信をもらった相手は、より一層喜びます。
(「間欠強化」の強力版)

ただし、相手からの好意がまだあまりない段階でこのような作戦を使うと、
単純に相手に失礼であり、気分を害することになります。
相手との関係性を良く見極めたうえで使わねばなりません。

逆に、相手からの好意が1ミリも無い場合、
悪い感情であっても自分に対して何らかの強い興味を抱かせたいという場合であれば、
一か八かでこの作戦を使うのもありです。
無視されるよりも、嫌われるほうがマシ、というものです。
ただし、嫌われた後で、ギャップ効果などを駆使して
必ず挽回する自信があるという方向けの作戦になります。

押してもダメなら引いてみろ、か。。。最後の手段として使うのもアリかもね。。。

 

各種SNSそれぞれの戦略

SNSでは、
「限られた人たち」に投稿するより
「より大勢の人たち」へ向けた投稿のほうが、
特定の相手への「必死さ」や「かかるストレス」は薄まっていきます。
必死さやストレスが少ないものほど、たくさん投稿しても問題ないと解釈することもできます。

<投稿先の広さ>

・LINEの友達向けのタイムライン

・FaceBookの友達限定公開の記事

・Twitterの鍵つきアカウントでのツイート

・Instagramの鍵つきアカウントでの投稿

※ここまでは、単純に公開人数の多さがポイントなります。

~~大きな壁~~

・鍵無し、全世界に向けた投稿

 

Instagram

また、最近ではInstagramの「ストーリー」という機能のように、
投稿した内容が一定時間で自動的に消えていくというものがあります。
これは「別に読まれなくてもいいよ」という投稿者の意図がより強くなるため、
より相手に対する必死さやストレスが減ります。
もはや読まれない可能性のほうが高くなってきます。笑

いくらSNSは返信の必要が無いといっても、
通常のSNSへの投稿は、「いいね!」や「コメント」
を欲しがっているように見えてしまうのは仕方が無いことです。
その点では、「ストーリー」は投稿自体が消えてしまうので、
そのような無言のプレッシャーを相手に与えることなく、
本当に気軽に利用できるSNS投稿といえるでしょう。

それに、実際に「いいね!」がつかなかったとしても、自分が傷つくこともありません。笑

悲しいね。。。(笑)

また、「ストーリー」は画面をスクロールする必要が無く、
タップするとどんどん次の画面に移行していくので、
この点もストレスが非常に低いです。
気になった投稿に対しては、ストーリーから個別チャットに移動することもできます。

とにかく色々な情報が多すぎる現代では、
めんどくささ、ストレスを回避しようとする人は今後もどんどん増え、
「ストーリー」のようなサービス利用者は増えていくと予想できます。
まだInstagramをやったことが無い人は、今すぐ始めましょう!
私もまだやったことありません!笑

どのSNSを使う?

各種SNSすべてに投稿するのはとても労力が必要なので、
狙っている相手が利用しているサービスや、
単純に利用者が多いサービス、
もしくは今後利用者が増えそうなサービスを、
1つか2つ程度に絞って利用するのが良いでしょう。

まずは、とにかく利用者が多い「Twitter」

学生なら、若者やインスタ女子が使う「Instagram」

社会人なら、実名制で真面目な交流ができる「FaceBook」

という感じでしょうか。私もこれからもっと勉強します。

 

 

これからのSNS

今では、単純に文字や写真を共有するだけではなく、
以下のような、様々なSNSサービスが生まれています。

動画配信

YouTube、ニコニコ動画などへの実況動画の配信などです。
自分自身のことを動画に配信し、
視聴者とのコミュニケーションを図ることができます。

ライブ配信

YouTube等で生放送することです。
ツイキャスやTwitchなど、生放送に特化したサービスもあります。

テレビ電話

LINEやSkypeにある、相手の様子を映像で見つつ会話できるサービスです。
遠距離のカップルなどは、休日は常にテレビ電話をつなぎっぱなしにして
同棲しているような環境を作っているようです。

バーチャルリアリティ(VR)

インターネット上の仮想世界に自分のアバター(分身となるキャラクター)を作り、
他の住民と交流したり遊べるサービスです。
現実世界と同じような、リアルな生活が楽しめるようです。
バーチャルリアリティの世界からYoutubeに動画を配信する「Vtuber」というジャンルも生まれています。

 

次々と新しいサービスが生まれる中で、
本当に利用者が増えていくサービスを選び、その使い方を考え、
自分の魅力をうまくアピールするツールとして利用していくことが大事ですね。

 

個人的には、
今後はVR(バーチャルリアリティ)が面白いことになるような気がしています。
まだまだ、誰でも気軽に利用できるというような環境にはなっていませんが、
だからこそ先に利用し始めるのも良いかなと思います。

現状、アニメのかわいい女の子と会える!という点で(主にオタク男子が)盛り上がってるみたいだね!
VRの世界でのSNSもあるみたい!

SNSのお話はここまで!

次回からは、いよいよ「出会い編」に突入です!

 

→次回 学校・職場で異性と出会う方法

 

このサイトをほかの人にも伝える!