何のために恋愛をする?そもそも恋愛における成功とは何か?目標をハッキリ理解することで努力の方針がブレなくなります。

最短ルートで恋愛力を高める正しい方法をお伝えしているこのシリーズ。今回は1回目です。

 

あなたは、何のために恋愛をするのかを考えたことはありますか?普通、無いですよね。

気づいたら相手のことを好きになっていた。好きだから仲良くなりたい。ただそれだけです。そこに何かわかりやすい「目的」があるとは思えません。

しかし、恋愛には明確な目的があります。この目的を忘れて、ただ単に相手を追い求めるだけでは意味がありません。将来、この「目的」に気がついたときに後悔することになります。

このページでは、あらためて「恋愛をする目的」を確認します。

このページを読めば「恋愛をする目的」がハッキリ理解できます。目的が明確であればあるほど、「この努力は無駄になるのではないか」という不安を取り除くことができ、目標達成に向けた努力を続けやすくなります。要するに、やる気を保ちやすいということですね。

 

 

そもそもなぜ人は恋愛をするのか

その答えは「最高の子孫を残すため」と考えられます。

ナ、ナンダッテー!?

いきなり過激なことを言い出して申し訳ないのですが、
人間だってただの動物なのです。

人間のご先祖様はサルです。
動物は、その種族が絶滅しないように、
つがい(カップル)をつくり、交尾をし、子孫を残していきます。
その人間版が「恋愛」というわけです。

 

「愛」はただの本能

ちがうよ!愛する人と幸せになるために恋愛をするんだよ!

という声が聞こえてきそうです。

でも、ちょっとよく考えてみてください。
そもそも、なぜ人は
「愛する人と幸せになりたい」
と思うのでしょうか?

理由なんて無い、わからない、とにかく求めるものなんだ!っていう感じがしますよね。
それってつまり「本能」ってやつです。

つまり、私たち人間の遺伝子や脳にも
「恋愛が成功すると幸せ」
という思考回路がインプットされているんですよね。

なんでこんな思考回路になっているかというと、結局は
「1つの動物として子孫を繁栄させるために、人間がサルだったころから
進化の過程で脳に刻み込まれてきたから」
ということなんです。

だから結局は、「子孫を残すために恋愛をする」という結論に達します。

 

 

今後の説明では、この「人間だってただの動物」理論がたびたび出てきます。笑
過激な理論に思えるかもしれませんが、よく覚えておいてください。

ちょっと過激すぎませんかね。。。

弱肉強食の恋愛市場ではテクニックは通用しない

さて、子孫を反映させるためには、
生まれてくる子供ができるだけ優秀になるように、
優秀な遺伝子を持つ異性=パートナーを得る必要があります。

だから、
世の男性は「美女」を求め、
世の女性は「イケメン」を求めたりするわけですね。笑

 

また、子供を育てるには、
・たっぷりの愛情
・栄養のあるご飯
・大きな家
などが必要になってきます。

だから、
世の男性は「優しい女性」を求め、
世の女性は「お金持ちな男」を求めたりするわけですね。笑

 

これらはどう考えても覆せない真実です。
「ブサイクで冷たくてでビンボーでも、このテクニックを使えばモテモテ!」
なんてゆうのは、ハッキリ言って
「弱い者からお金を巻き上げるための詐欺」です。笑

 

 

ということで、今回の話をまとめると、
人は優秀な子孫を残すべく、
最高のパートナーを得るために、
恋愛をする、ということですね。

なんだかゲスすぎて、先が思いやられるなあ。。。

平たく言えば、ベストパートナーとの結婚ですね。今の日本の制度では重婚は認められていませんから、ただ一人の最高の相手との結婚が、恋愛のゴールとなるわけです。

(余談ですが、一夫多妻制の国もあるみたいですね。男の本能としてはそちら寄りという話も聞きます。しかし、女性の本能としては一夫一妻がベストですよね。一度に一人の男の子供しか妊娠できないという身体的な構造も、それを物語っています。)

 

→次のお話 最高のパートナーを得るために

 

このサイトをほかの人にも伝える!