私がオススメする、お金に関する本10冊を要約しました!

誰でも小金持ちになれる、楽チンでシンプルな手法(あやしくない)を具体的に解説するこのシリーズ。今回はオススメの本についてです。

 

 

今まで僕が読んだ本の中から、特に良いと感じた「お金に関するもの」「仕事で使えそうなもの」を選んで、
その内容を要約して、このページに掲載したよ。本を読んでいる最中に、僕が考えたメモも混ざっている。

それぞれの要約を読めば、その本の重要な部分を知ることができるでしょう。(ただし、一部、ほとんど役に立たないものもあります。笑)
短い時間で、あなたが幸せになるために役立つ情報をお伝えできれば幸いです。

本に書いてあった難しい表現をそのまま使っているから、
今までの説明よりもちょっとわかりにくいかもしれないし、
ただの書きなぐりのメモで、まとまっていないものもある。

ちゃんとまとめろよな!

でも、どれもきっと君の役に立つ内容だから、ぜひ読んでほしい。
そして、気になった本があれば、実際にその本の全部を読んでみてほしい。

上から順に、僕がオススメする本が並んでいるよ。
だから、上から順番に読んでいくことをオススメするけど、
本の題名だけ見て、気になったものから読んでいくのもいいよ。

 

<投資の本>

→①お金は銀行に預けるな 現代の労働者層の個人投資家が知るべき金融リテラシー

→②細野真宏の世界一わかりやすい株の本

→③サブプライム後の新資産運用 これは読まなくていいかも。笑

※要約は作っていないけど、
<「ウォール街のランダムウォーカー」>
という本はオススメ。

Amazonでの詳細はこちら!

ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理
 

 

<仕事の本>

→④ロジカルプレゼンテーション

→⑤ロジカルシンキング(メモ)

→⑥ラテラルシンキング(メモ)

→⑦話し方入門

→⑧コールドリーディング(メモ)

→⑨影響力の武器

→⑩ハーバード流交渉術

※要約は作っていないけど、
<「考える技術・書く技術」>
という本は本当にとってもオススメ。

Amazonでの詳細はこちら!

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

このサイトをほかの人にも伝える!