要約)ロジカルシンキング

ロジカルシンキング

 

自分が伝えたいことはいったん置いておく

自分の考えを論理的に伝える第一歩、それは逆説的だが、いきなり伝える中身について考えないこと。メッセージが、相手にとって、伝えられることが期待されているメッセージになっているかどうかが重要。伝えての思いの丈など受け手にとってはどうでもよい。

 

メッセージの3要件

メッセージは、

①そのコミュニケーションにおいて答えるべき課題・テーマが明確である。ここをぶらさないこと(話のすりかわりがないか)。聞き手に「今検討すべき課題」が伝わっていること。例えば提案営業なら、「相手企業の課題」だったりする。

②コミュニケーションの跡に、相手にどのように反応してもらいたいか(理解、フィードバック、行動、指示など)、つまり相手に期待する反応が明らかであること。例えば営業マンは最終的には売ることだが、初回の訪問は「興味を持たせる」だったりする。

①、②が確認できたら、

③その課題・テーマに対して必要な要素を満たした答えがあること。答えの構造は、(導入・目的→)結論→根拠(→具体的行動方法)のピラミッドである。以下に、その作り方の悪い例を示す。

 

 

結論が伝わらない2つの理由

①自分の言いたいことの要約を言ってしまい、課題に対する答えの要約になっていない(例えば自分ががんばって調べたデータを羅列し、このような結果となりました、と胸を張っても、「そのデータに基づいて、結局やるべきかやらないべきか」という答えに対して答えていない」)

②「状況に応じて」「場合によっては」という条件がついているのは曖昧すぎるため結論になっていない。どんな状況のときにどうなるのか、まではっきりと。

 

 

根拠が伝わらない3つの理由

①「Aが必要だ、なぜならAが無いからだ」では納得できない。Aが無いとどんな悪影響があるのか?A以外にその悪影響を治す方法が無いといえるのか?前提条件・判断基準・暗黙の了解・常識・あたりまえ等等…は、話し手の思い込みである。「こうだから(もちろん)こうすべきである」だけでは足りず、「この基準をクリアーしたからこうすべき」ということを明確に示す。

②その根拠は、「事実」なのか、「誰かの意見・判断」なのかがはっきりしない。「負ける理由は弱いからだ」の、「弱い」は、事実なのか、意見なのか。事実(打率が低い)ならば、反論の予知なき現実・数字を挙げる。意見を含めてはいけない。意見は、事実を基にした結論だからだ。

 

 

具体的行動方法が伝わらない2つの理由

①当たり前のこと・公理を言っている。

②抽象的過ぎて何をすべきかわからない。「Aをしろ」(←Aをするには、Bをし、BをするにはCをし、…と掘り下げる)

 

 

科学的問題解決アプローチ

データ収集→帰納→仮説(原則)→演繹→検証(反証)

 

なんだか抽象的でよくわかんねっ(笑)

Amazonでの詳細はこちら!

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

 

 

→次は、⑥ラテラルシンキングについて

 

このサイトをほかの人にも伝える!